iPhoneの防水性能と水没で故障した時の対処法

iPhoneには防水機能がついていることはご存じだと思いますが、防水といっても完全な防水機能ではないので、水没が原因でiPhoneが故障することもあるため注意が必要です。

【注意】iPhoneは完全防水ではありません

iPhoneは防水だからと、海やプールで水に入れたりすると水没してしまう可能性があります。

また入浴中に防水ケースを使わずにそのままiPhoneをつかっていることもあるかと思います。
お風呂で手を滑らせて落してしまうことや、蒸気でiPhoneの内部に結露ができて、それらが水没の原因になることもあります。

iPhoneの防水機能の規格「IP67」とは?

Appleのサイトでは、iPhoneの防水性能はiPhone7~XはIP67(深さ1mまで最長30分間)、iPhone11はIP68(深さ2mまで最長30分間)、iPhone11proはIP68(深さ4mまで最長30分間)という規格に当てはまります。

iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus は防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えています。実験室の管理された条件下でテストを実施済みです。
iPhone 11 Pro および iPhone 11 Pro Max は、IEC 規格 60529 に基づく IP68 等級 (深さ 4 m まで、最長 30 分間) に適合しています。iPhone 11 は、IEC 規格 60529 に基づく IP68 等級 (深さ 2 m まで、最長 30 分間) に適合しています。iPhone XS および iPhone XS Max は、IEC 規格 60529 に基づく IP68 等級 (深さ 2 m まで、最長 30 分間) に適合しています。iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus は IEC 規格 60529 に基づく IP67 等級 (深さ 1 m まで、最長 30 分間) に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。

引用元|iPhone 7 以降の防沫・耐水・防塵性能について – Apple サポート

IP〇〇とは、IEC(国際電気標準化会議)によって定められた規格です。IP67だと6の方が防塵レベルで7の方が水没レベルをあらわします。

ここで注意が必要なのは、Appleが公式に防水ではなく、耐水と言っていることです。防水はあくまでニュースなどの表現上のもので、iPhone完全な防水ではありません。
また、耐水性能は使用していくと徐々に低下していきますので、水の近くでのiPhoneの使用には注意が必要です。

iPhoneの水没を防ぐために

AppleはiPhoneの水没を防ぐために以下のような使い方をしないように言っています。

水濡れによる損傷を防ぐため、以下の行為はお控えください。

  • iPhone を着用したまま泳ぐまたは入浴する
  • iPhone に水圧が強い水や流速が大きい水をかける (たとえば、シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)
  • iPhone をサウナやスチームルームで使う
  • iPhone を意図的に水没させる
  • 推奨される温度範囲外、または極度に湿度の高い条件下で iPhone を動作させる
  • iPhone を落とすなど、衝撃を与える
  • iPhone を分解する (ネジを外すなど)

石鹸、洗剤、酸や酸性の食品、および液体 (香水、虫除け、ローション、日焼け止め、油、接着剤リムーバー、毛髪染料、溶剤など) が iPhone に付かないよう、極力注意してください。iPhone にこれらの物質が付いてしまった場合は、こちらの記事の手順にそってお手入れしてください。

引用元|iPhone 7 以降の防沫・耐水・防塵性能について – Apple サポート

やはり、お風呂や海・プールでのiPhoneの使用は避けたほうがいいようです。また、iPhoneを落として本体にヒビや歪みができてしまうとそこから水が浸入し、水没してしまうことがあるようなので、普段からiPhoneケースや画面保護フィルムを付けておくことをおすすめします。

iPhoneが水没してしまったら?

気を付けていても、iPhoneが濡れてしまうこともあります。そんなときには、まず以下のように対処してみてください。

iPhone が濡れてしまったら、どうすればよいですか?

  1. 水以外の液体が iPhone に飛び散った場合は、その部分を水道水ですすぎます。
  2. 糸くずの出ない柔らかい布 (レンズクロスなど) で iPhone を拭きます。

SIM トレイを開ける前に、iPhone が乾いたことを確かめてください。

iPhone を乾かすには、Lightning コネクタを下に向けて手のひらに置き、優しく叩いて、余分な水を排出させます。風通しのよい乾いた場所で iPhone を自然乾燥させてください。iPhone を扇風機の前に置き、Lightning コネクタに直接涼風を当てると、乾きが早くなる場合があります。

高温の熱源で iPhone を乾かしたり、綿棒やペーパータオルなどの異物を Lightning コネクタに挿入したりすることはおやめください。

iPhone が濡れてしまっても、充電はできますか?

iPhone が濡れた場合は、ケーブル類をすべて取り外し、完全に乾くまでは充電しないでください。濡れた状態でアクセサリを使ったり充電したりすると、iPhone が破損するおそれがあります。Lightning ケーブルでの充電や Lightning アクセサリの接続は、最低 5 時間は経ってから行ってください。

ワイヤレス充電をする場合は、糸くずの出ない柔らかい布 (レンズクロスなど) で iPhone を拭き取ってください。iPhone が乾いたのを確認してから、対応のワイヤレス充電マットに置いてください。

iPhone が濡れて、スピーカーの音が聞こえにくくなった場合はどうすればよいですか?

マイクやスピーカーに水が入っていないか調べてください。iPhone をスピーカー側を下にして、糸くずの出ない柔らかい布の上に置いて、水が漏れてこないか確認します。ポートに水が入っていると、完全に蒸発するまではスピーカーまたはマイクの性能が低下する場合があります。上記の手順にそって、iPhone を乾燥させてください。

iPhone に埃が付いたらどうすればよいですか?

埃や汚れが iPhone に付着した場合は、糸くずの出ない柔らかい布 (レンズクロスなど) で拭き取ってください。SIM トレイを開く前に、iPhone に埃が付いていないことを確認してください。洗浄用品やエアダスターは使わないでください。

引用元|iPhone 7 以降の防沫・耐水・防塵性能について – Apple サポート

iPhoneの内部に水が入ると、上記のことをしても、電源が入らないなど故障の症状が出ることもあります。そのときには速やかにAppleストアへお持ちください。