バッテリー膨張にご注意ください

iPhoneバッテリー膨張にご注意ください

バッテリーが膨張したスマホの使用は危険です

スマホのバッテリーが膨らむという話を聞いたり、実際にバッテリーが膨張したスマホを見たりしたことはありませんか?

そのスマホを使うことはとても危険です!!

本体の形が変わるほどバッテリーが膨らんでいる状態は特に危険なので、すぐに修理することをおすすめします。

バッテリーの仕組み

iPhoneのバッテリーには「リチウムイオン電池」が使われています。
リチウムイオン電池は内部で化学反応が起こることで電気を作っています。この電気を作る過程でどうしても副産物としてガスが発生していて、使用期間が長ければ長いほど発生したガスの量は増えてしまいます。
バッテリー内部には電解液が入っているため、液漏れが起きないようにバッテリーそのものが密封性の高い構造になっていて、発生したガスの一部がバッテリーの内部に溜まってしまうことがあります。ガスが溜まっていくとバッテリーが膨張するという現象が起きるのです。


パネルが浮いてしまうほどバッテリーが膨張してしまうこともあります


写真は長期保管しているとバッテリーが膨張してしまったiPhoneのバッテリー

バッテリー内で発生したガスはとても可燃性が高い成分も含まれているので膨張したバッテリーに強い衝撃が加わったり、高温が加えられたりすることで、バッテリー内部に溜まっていた可燃性ガスが発火する可能性があります。最悪の場合、バッテリーが破裂する危険性もあるのです。

バッテリーが膨張したまま、iPhoneやスマホをりようすることは危険なので、すぐに修理へお持ちください。

iPhoneのバッテリーの寿命を延ばすために

リチウムイオン電池は熱に敏感なので、下記のような使い方をするとバッテリーの劣化や膨張につながることがあります。iPhoneをできるだけ長く使うために、以下のことに注意していただくことが大切です。

  • 長時間の過充電をしない
  • 高温な場所に置かない
  • 規定値外の電流で充電をしない
  • 充電しながら連続使用しない

バッテリーの寿命の目安として、一般的には一年半~2年程度といわれています。それは、バッテリーの0%~100%のフル充電を約500回するとバッテリーの性能が本来の80%にまで低下するという結果が出ています。1日1回充電すると考えると1年半くらいでバッテリーの寿命と考えることができます。

iPhoneのバッテリーは交換することができます

今お使いのiPhoneのバッテリーが劣化してきて、充電してもすぐに電池がなくなるといったことでお困りのお客様!!
新品のバッテリーにすると、お客様のiPhoneをまた快適に使うことのできます。

修理屋さん21では、iPhoneバッテリー交換が最短30分で対応可能です。iPhoneバッテリーのお困りごとがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。